Skip navigation

シームレスチューブの主要部品: マンドレルバー

弊社はシームレスチューブのほぼ全ての製造業者様へ最長さ28m、最大径365mmまでのマンドレルバーをお届けしています。 マンドレルバーは予備穴あけ鋼ビレットからチューブブランク(初期のシームレスチューブ)を製造するために使用されます。

弊社はマンドレルバーの製品に特化した矯正及び機械加工を含む最新の圧延ミル又は社内の最も大きな鍛造機の一つで自社にて製造しております。

弊社はマンドレルバーを通常の熱間加工鋼や様々のチューブ圧延方法に合う様に特別に製造された鋼材及び各々の応力に耐えられるように製造されたマンドレルバーを提供する事が出来ます。それには下記があり全てお客様のご要求に基づいています。:

  • 仕上げ加工及びクロムメッキ
  • 仕上げ加工及び酸化加工
  • 前加工、すなわち焼入れ焼き戻し、ピーリング

熱間鋼(マンドレルバー)の技術資料、さらなる情報をお探しの場合は下記をクリックしてください。